不動産の関わる相続の手続きの相談先は
公認不動産コンサルティングマスターが最適です。

公認不動産コンサルティングマスターになれるのは、5年以上の実務経験のある宅地建物取引士、不動産鑑定士、一級建築士の3つの国家資格登録者のみです。しかも宅建試験にはない、経済・金融、建築、税制など幅広い知識が問われる試験をパスしており、資格・経験・知識を兼ねそなえた、まさに「不動産取引のプロ」です。
弊社は長年にわたり不動産の現場で培ったノウハウを活かした、お客様がより気軽に相談しやすい身近な相続の相談窓口です。
資格・経験・知識が裏付ける最良のサービスを低料金で提供いたします。

masu-top-1